日本の医療界は、医薬品・医療機器・情報システム・医学知識・医療技術・人材登用など、ヒト・モノ・カネ・情報のあらゆる部分で鎖国とも呼べる聖域意識をもって歩を進めてきました。しかし高齢社会到来により、急激に旧来モデルが通用しなくなり、医療従事者自身も閉塞感に包まれています。我々はいま”医の聖域”と一般社会の壁を取り除く「医領」解放構想 =「医療3.0」を掲げ、次世代の医療環境を実現する志を持つメンバーが集う"チーム医療3.0"として立ち上がります。現場からの変革を起こすべく、考えて・行動する「考動力」を持って活動して参ります。

■宮川一郎
習志野台整形外科内科 院長

平成5年、帝京大学医学部付属病院 整形外科。平成13年に整形外科部長兼システム管理室室長として岩井整形外科内科病院にて電子カルテならびにPACS導入を主導する。平成19年に習志野台整形外科内科を開院し院長に就任する。

プロフィール詳細はこちら

http://www.narashinodai.jp/isisyoukai/index.html

twitterはこちら

http://twitter.com/Miya6713