PR

夏野菜カレーを素揚げしないで作る新定番!焼き野菜の作り方

焼き野菜カレー 食事

通常、揚げた野菜が主役の夏野菜カレーですが、夏の暑さの中での揚げ物は少し面倒です。

そんなときは、焼き野菜がおすすめです。

レンジで軽く加熱してから、フライパンやトースター、オーブンなどで焼くといいですよ。

さっぱりめにしたい方は、油を使わないか、ごく少量にして焼くとよいでしょう。

夏野菜カレーはやっぱり素揚げが良い!とう方には素揚げのコツもご紹介します。

揚げない夏野菜カレーの魅力

夏野菜カレーというと、素揚げ野菜がのっているイメージがあります。

しかし、素揚げは手間がかかるのがネックです。

そこでおすすめするのが「夏野菜の素焼き」です。

最近の健康志向に合わせ、少ない油での調理が人気を集めています。

素焼きすることで、野菜の自然な風味や焦げた香りが食欲を刺激します。

カボチャ、ジャガイモ、きのこ、玉ねぎ、レンコン、ブロッコリーなどの定番野菜もいいですが、夏の旬野菜も使ってみましょう!

ピーマン、パプリカ、ナス、ゴーヤ、ズッキーニ、オクラ、ししとう、トマト、ヤングコーンなど。

(年中収穫できるものもあるので、旬野菜かどうか微妙ですが…)

いろどりで選んでも、冷蔵庫の残り物を集めてきてもいいですね。

お手入れも簡単なので、ぜひ試してみてください。

夏野菜カレーに素焼き野菜を取り入れるコツ

夏野菜を素焼きにするときは、外側をカリッとさせることで香ばしさをプラスできます。

私は、弱火でじっくり焼く方が、甘みや旨味を感じられて好きです。

固めや柔らかめと好みもあると思うので、いろいろ試してみてください。

素焼きの下準備は電子レンジが便利

火の通りにくい夏野菜もあります。

そのため、先に電子レンジで加熱しておくのがおすすめです。

これによって、焼き時間を短縮し、野菜をふっくらと仕上げることができます。

手間を省きたい人はフライパン+アルミホイルで手軽に

素揚げより片付けが簡単な素焼きですが、さらに手間を省きたいなら「フライパンとアルミホイル」の組み合わせがお勧めです。

フライパンだけでなく、グリルやトースター、オーブンでもOKです。

どんな調理器具を使う場合でも、アルミホイルを活用すると後片付けが楽になりますよ。

野菜の美味しさを引き出す味付けをしても!

普段、素揚げや素焼きは特に味付けせずに使われることが多いですが、野菜に味をつけるのもいい方法です。

スパイスや塩などの調味料を使って、カレーとの相性を考えながら味付けすることで、一層美味しい料理になります。

特に暑い時期は、ニンニクを加えてみるのも良いでしょう。

私は、塩とオリーブオイルをまぶして焼くのが好きです。

失敗知らず!野菜の素揚げのコツ

素焼きも良いけれど、野菜の素揚げは特別なおいしさがありますね。

そんな素揚げが好きな方に向けて、基本的なコツをご紹介します。

これらを守れば、素揚げがより美味しくなるでしょう。

野菜を大きめに切る

野菜を大きめに切ることで、揚げるときの表面積が減り、油を吸収する量を減らせます。

カロリーを気にする方には特にオススメですし、夏野菜の食感も存分に楽しめます。

事前に冷蔵庫でしっかり冷やす

揚げる直前まで、野菜を冷蔵庫で冷やしておきましょう。

そして、水分はしっかりと拭き取ります。

このステップで、油の温度差によって水分が速やかに蒸発し、サクッとした食感が得られます。

野菜に合わせて油温を調整

野菜の種類によって、油の温度を変えましょう。

葉物や実物の野菜は170~180℃、根菜類は150~160℃が適温です。

これにより、野菜の特性に合わせた揚げ加減を実現できます。

油の温度を一定に保つ

一度にたくさんの野菜を揚げると、油温が下がってしまいます。

食感や見た目を良く保つために、少量ずつ揚げるのがポイントです。

色鮮やかな野菜は揚げ時間を短く

ピーマンやナスなど、色が鮮やかな野菜は、揚げ時間に注意しましょう。

長時間揚げすぎると、色が損なわれる可能性があります。

広いフライパンを使用する

調理器具としては、広い表面積のフライパンがお勧めです。

揚げ物が入れやすく、後片付けも簡単です。

ただし、油はねに注意して、深型のフライパンを選ぶのが良いでしょう。

これらが野菜の素揚げにおける基本的なポイントです。

ぜひこれらを参考にして、夏野菜を使った美味しい素揚げを楽しんでみてください。

まとめ

夏野菜カレーを作る際に欠かせない夏野菜の加熱方法にスポットを当て「素揚げ」と「素焼き」という二つの調理法についてご紹介しました。

普段は夏野菜をカレーのトッピングとして「素揚げ」していますが、「素焼き」にすると香ばしい香りで違った味わいが楽しめます。

素焼きの際は、夏野菜を電子レンジで1分ほど加熱しておくと良いでしょう。

カレーの風味を際立たせるために、ニンニクやしょうゆを少し加えても美味しいです。

調理にはフライパンがおすすめ。

使いやすく、お手入れも簡単なので便利です。

一方、夏野菜を素揚げする際のポイントは、大きめに切った野菜を冷蔵庫でしっかり冷やし、150~180℃の油でじっくりと少量ずつ揚げること。

この方法で、野菜のおいしさを逃さずに仕上げることができます。

素揚げには深めのフライパンが適しています。

error: