PR

りんご飴の砂糖と水の割合は?成功間違いなしのフルーツ飴レシピ

りんご飴 お菓子

りんごを砂糖でコーティングしたりんごあめ

りんご飴の砂糖と水の割合は、4:1がベストです。

砂糖200gに対して水50gで作ると上手くできますよ!

他のフルーツでも同じです。

この記事では、パリッとした食感が楽しめる、おいしいフルーツ飴の作り方をご紹介します。

おいしいフルーツキャンディを作る秘訣は、砂糖と水の比率、適切な煮詰め方、そしてフルーツの選び方にあります。

自宅でチャレンジしてうまくいかなかった方も、紹介するレシピをぜひ参考にしてください。

りんご飴の砂糖と水の割合

りんご飴などのフルーツ飴で重要なのは、砂糖と水の比率です。

理想的な比率は「砂糖:水 = 4:1」。

初心者の方にも、この比率を守ることをお勧めします。

砂糖200gに対し水50gで作ると、キャンディはパリッと固まります。

(水はgとmlが同じなので50mlです)

この比率を守ることが非常に大切です。

なぜフルーツ飴が失敗するのか

屋台でおなじみのフルーツ飴は、家庭で簡単に作れる人気のお菓子です。

私も、初めて作ったときは上手く固まりませんでした。

失敗の原因は、砂糖に対して水が少し多かったことにありました。

砂糖と水の比率だけでなく、砂糖と水を加熱したときの温度や、フルーツの選び方でもうまく固まらないことがあります。

失敗の理由とその対処法を理解すれば、成功への道が開けるでしょう。

温度やフルーツ選びも大切

砂糖と水の割合以外にも、パリッとした食感に仕上げるポイントがあります。

それは、砂糖と水を155~160度になるまで加熱することです。

また、フルーツによっては飴に向かないものもあるのでまとめました。

適切な煮詰め温度

砂糖と水を煮詰める温度も重要です。

155~160度で煮詰めると、よりパリッとした食感に仕上がります。

140度というレシピもありましたが、この温度では煮詰め足りないと感じました。

果物の選び方のコツ

もうひとつ大切なのが、フルーツの選び方です。

適しているのは「皮が付いた果物」。

例えば、いちご、りんご、ぶどう、薄皮のみかん、さくらんぼなどがおすすめです。

これらは飴に水分が含まれにくく、パリッとした仕上がりになります。

キウイ、バナナ、パイナップル、オレンジは、フルーツキャンディには不向きでした。

キウイやバナナは、水分量が多く固まりにくいですが、硬めの果物を選べば成功しやすいです。

初めて作る方は、皮付きの果物を試してみると良いでしょう。

パリッと美味しいフルーツ飴の作り方

ここに簡単で美味しいフルーツキャンディのレシピをご紹介します。

所要時間は約30分。

必要な道具は鍋、竹串や爪楊枝、キッチンペーパー、そしてクッキングシートです。

材料

材料は、フルーツと砂糖、水だけ!

好みの果物を、適量用意しましょう。

先ほど紹介したように、初めて作る方は、皮付きの果物がおすすめです。

(いちご、りんご、ぶどう、薄皮のみかん、さくらんぼなど)

砂糖と水の比率は4:1。

グラニュー糖200gと、水50g(50ml)を準備してください。

グラニュー糖がなければ通常の上白糖でも構いません。

作り方

まず始めに、フルーツの表面の水分をキッチンペーパーで丁寧に拭き取ります。

これは飴が適切に固まるために大切なステップです。

次に、フルーツを数個まとめて、または一個ずつ竹串に刺します。

次に、鍋にグラニュー糖と水を入れて加熱します。

この際、混ぜないように注意してください。

混ぜると結晶化し、飴の食感がざらざらになってしまいます。

鍋を傾けながら加熱することは可能です。

温度が155~160度に達したら、鍋を火から下ろします。

大きな泡が立ち、少し色付く程度に煮詰めるのが理想です。

料理用温度計を使えば、より正確に温度管理ができます。

140度以下で作ると、冷やしても固まりにくいので、温度管理には注意が必要です。

初めてでうまくいかなかった場合は、なんどか試して慣れましょう。

鍋を火から下ろしたら、フルーツをすばやく飴にくぐらせましょう。

調理用シートの上に飴を絡めたフルーツを並べ、表面が固まりパリパリになるまで置いておきます。

これでフルーツ飴の完成です!

冷蔵庫で冷やすと、より一層美味しくいただけます。

まとめ

りんご飴の砂糖と水の割合は4:1がベスト。

砂糖200gに対し水50g(50ml)で作るとよいでしょう。

他の果物でも比率は同じです。

また、飴の温度は155~160度になるようにすると、パリパリに仕上がります。

温度が低いと固まりにくいので、温度計で確認するのがおすすめです。

飴でコーティングする果物は、りんご以外にも、いちご、ぶどう、薄皮のみかん、さくらんぼを選ぶと上手にフルーツ飴ができます。

キウイなどのやわらかい果物はうまく固まらないことが多いので、試すなら硬めのものを選んでみてくださいね。

error: